ITが低費用になると、どうなる?

ITを低費用にすることにより、省電力につなげることが出来るというように言われています。もともとIT企業に勤める人間ではなくても、ITというものは人々の生活に大きく関係していることは明確です。

そう考えると、ITを低費用化することが出来れば、結果として省電力につながることが出来るということは、うなづけることだと思います。今後誰もが望んでいることではないでしょうか。

実際にITが低費用になることで、困る人が出てくるということであれば、それは問題になってしまいます。低費用になることでIT企業に勤めている人の給料が減ったり、サービス残業が増えるというようなことも無いとは言えません。
そのために苦労をしなくてはいけないということは、想定出来ることでしょう。日本の未来のためにまるで犠牲になるかのような働き方をしなければいけないということになると、それはとても大変なことだと思います。

それによって健康被害が出てきたり、精神的にも追い込まれるというようなことは無いようにしたいところです。誰もが出来るだけ笑顔でいられるように、そのためのITの低費用化であることが望ましいでしょう。
IT企業に勤めて良かったと思えることが増えるかもしれません。人の役に更に立つことが出来たというように思うと、仕事に対しても張り合いが出てくるということもあるでしょう。仕事に対して張り合いが出てやる気が出るということが、省電力と関係してくるかもしれません。

そして、IT企業に勤めている人よりもさらにITの低費用化に強い関心を持っているであろう人たちがいます。それは、ITの仕事をフリーで(個人で)している人たちです。売り上げから経費を引いた分が自分の収入になるので、経費削減にはことのほかシビアだからです。最近はSOHOやノマドといった言葉がよく聞かれるようになって久しく、フリーという働き方に興味を持っている人は多いでしょう。皆さんの中にもそういう方がいたら、フリーエンジニアに興味を持っている人のために書かれたこちらのサイトを見てみてください。